安月給な育毛剤

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 長く使われ温もりのある株式会社コサインの生活道具

長く使われ温もりのある株式会社コサインの生活道具

株式会社コサインは木材と使う人と作る人が一緒にいるかのような、長く生活に寄り添う家具や生活道具を作成しています。木材の素材としての感覚が目立つようなシンプルな綺麗さを大事にして、確かなスキルでものづくりを行い、長い時間をかけて成長した樹木を決して無駄にすることなく、最後の方まで使い切るための工夫を施している会社です。また、長く利用してもらうことを考慮して、お客様との接点を重要視しています。

そして株式会社コサインは1988年に、北海道の旭川市で4人の工芸職人が集合して設立された企業です。創業した当時から、家具を製造する際に発生する木材の切れ端を有効に活用する方法はないだろうかという発想を持ち続けていました。そのため、記念するべき最初の生活道具はスイッチカバーです。工房を訪れた、電気工の方の木で出来たスイッチカバーがあれば良いのにといった意見をきっかけに短い切れ端を活用して制作しました。木材を大事に使い切ることは、あれから30年以上が経過した現在でも株式会社コサインのベースとなっています。

スイッチカバーの次は時計、文房具などといった小物を制作し、それからロングセラーとなったドレスラックが発売され、商品は小さなものから大きなものに変化していくのです。最近はダイニングテーブルやソファーなどの家具も制作し始めています。とは言っても、創業当時から年月が経過した今でも、木材の切れ端だけではなく鋸くずまで無駄にはしない精神は引き継がれているところです。

ちなみに株式会社コサインの商品に主に取り扱っている樹木の種類は、ウォルナットとメープルになります。中でも明るい色で絹のようにスムースなメープルは、株式会社コサインの商品の代表的な素材です。お手入れをしつつ使い込んでいくと風合いが良くなり、使う人それぞれに違った味わいが出てきます。生活に馴染んでいき、大事に長い期間に亘って利用してもらうことが出来るようにと、素材の特徴を最大限に活用できる丁寧でシンプルな加工を施している訳です。